MENU

顔のたるみの3つの原因とは

顔のたるみ 原因,ほうれい線 できる 原因

顔がたるんでしまうと実際の年齢より上に見られることがあります。
高齢になるにつれ顔にたるみが生じますが、近年では若くてもたるんでしまうことがあります。

 

顔のたるみの原因には主に3つあげられます。

 

1.猫背になる機会が多いということです。

 

猫背になってしまうのはスマートフォンを長時間使ったり、デスクワークをする時間が長かったりすることが原因となっています。
姿勢が悪いと首の前の筋肉が伸びて頬の肉が下の方に引っ張られてしまいます。

 

2.表情筋や深層筋の老化です。

 

どちらも顔の筋肉ですが、表情筋が活発でなくなると脂肪や皮膚を支えられなくなり、深層筋の場合は表情筋を支えることができず肌に栄養分などが行きわたらなくなります。
深層筋は血液を顔に送る役目もあるので血色のわるいくすんだ肌になることもあります。

 

3.肌の弾力が低下することです。

 

加齢により起こることが多いですが、紫外線や睡眠不足、乾燥によってもたるみが生じてしまいます。

 

コラーゲンやヒアルロン酸が不足することにより起こりますが、40代になった場合、赤ちゃんのヒアルロン酸量の半分以下まで減ってしまいます。

 

たるみをなくすには姿勢を良くすること、顔の筋肉を鍛えることが大事です。
デスクワークの場合は1時間に1回は体を動かし姿勢を正すようにします。

ほうれい線、しわの原因とは

若い頃は目立たなかったしわやほうれい線も加齢とともに少しずつ目立つようになります。

 

そしてしわが深くなればなるほど外見も老けて見えることにつながりますので、若々しさを保つためには進行させない努力も必要です。

 

しわやたるみを増やさないためにも、まずはその原因を知っておきましょう。

 

まず、若い肌が弾力やハリがあるのには、美肌を維持するためのコラーゲンやエラスチンなどの成分が豊富にあることがあげられます。

 

これらの成分は若い肌には欠かせない大事なものですが、加齢や紫外線の影響で、少しずつ失われていき、それによる肌はたるみなどの衰えが目立つこととなります。

 

それから表情筋の衰えによる影響も考えられます。
普段からあまり固いものを食べず、柔らかいものばかり食べていたり、会話の回数が少ないという人も顔の筋力が衰えやすいので注意が必要です。

 

このほかでは急激なダイエットで、極端な減量をしてしまったという場合も皮膚がたるみ、ほうれい線を目立たせてしまうことにつながります。

 

さらにお手入れ不足による肌の乾燥も小じわを増やす原因となりますので、保湿ケアはしっかりと行っておきましょう。
力を入れすぎるフェイスマッサージなどの間違ったお手入れもしわやほうれい線を目立たせることにつながりますので丁寧に行うことが大切です。

このページの先頭へ