MENU

30代から肌への変化が・・基礎化粧品選びのポイントは2つ!

肌の不調が現れ始めるのが30代の頃からです。
20代にくらべて、不摂生やお手入れのサボりがてきめんに現れてくる年代です。

 

その原因は、30代になると仕事や家庭に割く時間が増え、不調サインが見えてもゆっくりお手入れできないのが原因と言われています。

 

肌トラブルで多いのが乾燥肌です。
乾燥肌の方が選ぶ基礎化粧品のポイントは2つあります。

 

まず、1つ目はセラミドの化粧水を使うことです。

 

セラミドは保湿力が一番ある保湿物質です。

 

ポイント2つ目は、独自成分配合の化粧品を使うことです。
乾燥肌になるとバリア機能が弱まり、肌が敏感になる可能性があります。

 

普通の化粧品だと肌にピリピリ感を感じることがあります。
独自化粧品配合の化粧品は敏感肌でも安心して使えます。

 

今では、乾燥肌と敏感肌に対応するアンチェイジング成分配合の化粧品もあります。

 

20代〜40代までは、油分の少ないさらっとしたものが良いです。

 

乾燥肌のスキンケアはその人の肌によって対策が変わります。

 

自分のスキンケア方法がわからない場合は、肌に優しい化粧品から使うといいです。
これにより、トラブル肌が落ち着きます。

このページの先頭へ